HOME>Review>志望動機を文章で書くならコツを知っておく

志望動機を文章で書くならコツを知っておく

ウーマン

その大学に通いたいと強く願っている生徒と、特に理由もなくどこでも良いと感じている生徒では、どの生徒を入学させたいと面接官は感じるでしょうか。面接官も人間ですので熱意を伝えてください。

クチコミ

コツさえ分かれば簡単でした♪(10代 女性)

大学に入学するためには面接に合格しなければなりません。履歴書を書く時に苦労したのが志望動機です。決められた文字内で志望動機を上手くまとめるのは結構難しいことです。履歴書が全てではありませんが、書類選考のある大学では履歴書の内容によって合格か不合格かが決まってくるのです。どのように記入すれば良いのか悩んだのですがコツをつかめば簡単でした。最近ではインターネットで志望動機のまとめ方などを紹介しているサイトもありますが、フォーマット通りに書くよりも自分の熱意をありのままに記入した方が伝わり安いかもしれません。ありきたりなことを書くよりも自分だけが持っている意見を書いた方が面接官の心にも響くのだなと改めて感じました。

ポイントを抑えることで早く書けるようになりました!(10代 男性)

履歴書を書くのが苦手だったのですが、その中でも特に志望動機の欄をどのように記入すれば良いのか悩んでいました。高校一年生の頃はたくさんアルバイトを行っていて、その際に履歴書に志望動機を記入することもありましたが、結構適当な内容でもアルバイトの場合は採用されることがありました。しかし大学の面接を受けるとなると適当に志望動機を記入するわけにもいきません。しかも一つだけではなくいくつも受けたい大学の履歴書を記入しなければならなかったので、大学に合わせて内容を変えるのも最初は苦労しました。でもコツをつかむことによってスムーズに進めることができるようになったのです。そのおかげで一番進学したかった大学の面接に合格して見事入学することができました。